フォト

にほんブログ村

  • 脳卒中おじさんの回想
    https://ameblo.jp/thanamizu
  • ここをクリックし投票願います。
  • にほんブログ村 (私のブログ村 の成績が見える))
無料ブログはココログ

人気ブロ

« 朝に病院の皮膚科に行きました。理学療法士がきた。プロフェッショナル 仕事の流儀「人の光を、解き放つ〜演出振付家MIKIKO」を見た。 | トップページ | 私の便秘対応。●偉人たちの健康診断「宮本武蔵 “五輪書”で極める心と体」と●BS世界のドキュメンタリー「私の脳を治せますか?」を見る。 »

2019年2月 7日 (木)

腎臓病になっております。食事療法をしてます。理学療法士がきた。「原爆投下 知られざる作戦を追う」を見た。

昨日の私のブログは見た人は42人であった。

一日一回、私のブログ(http://hana1951.cocolog-nifty.com/)の左側の"脳卒中"と下の“このブログに投票”を元気づけるためをバシバシとクリックしてネ!お願いします。!!!

“このブログに投票”を元気づけるためをバシバシとクリックして、私の成績がみれる。

私のブログのにほんブログ村の成績のINポイントとOUTポイン、10ポイントが上がる。
今日は歩数計1122
いまの私は健康な人の約6倍もおそい。私が歩くのは右足の筋肉と便秘改善と頭の体操です。。
右手を上・前・左側から右側を40回する。
歩くときに悪い右足にできるだけ重心をかけるようにして右足を前に出すときに杖も前に出す。
理学療法士がきた。
家の中を往復8回(7m*2=14m?)*2=16回(14*16=224m?)歩きする。

私は腎臓病になっております。食事療法をしてます。
透析療法をしないようにすることが必要である。

食事療法のポイント

 症状に応じて、食塩やたんぱく質、カリウムなどの制限が必要なことがあります。医師の指示を守りましょう。

1. 食塩を減らしましょう

 腎臓の負担を軽くするためには、食塩制限が必要です。食塩摂取量は16g未満が適切とされています(ただし、13g未満の過度の食塩制限は推奨されていませす。

(2) 調理の工夫

煮物や汁物などは、天然のだしをきかせましょう。薄味でもおいしく食べることができます

(3) 食事のとり方

 

汁物はできるだけ飲まないようにしましょう(1日に1/2杯以下、汁椀半量が目安です)。
汁物(みそ汁・すまし汁・スープなど)は、汁椀1杯で食塩1.5~2gです。

2. たんぱく質をとり過ぎないようにしましょう

1. 肉・魚・卵・大豆製品・乳製品には、たんぱく質が多く含まれます。決められた量を守りましょう。

たんぱく質の制限が必要な方に適した食品として「低たんぱく質食品」(特別用途食品)が市販されています。

3. エネルギーは適量をとりましょう

 

エネルギー摂取量が不足すると、体のたんぱく質が分解されて腎臓に負担がかかります。また、肥満や糖尿病のある方は、エネルギーの過剰摂取にも注意が必要です。

(1) エネルギーを高める方法

 油・砂糖・でんぷん製品を利用する

(2) エネルギーを高める食品

低甘味性糖質や中鎖脂肪酸を使用した食品が市販されています。


4. その他の制限が必要な場合

(1) カリウムの制限が必要な場合

医師の指示によりカリウム制限が必要な場合は、以下のことに注意しましょう。

· 肉・魚・卵・大豆製品・乳製品などのたんぱく質が多く含まれる食品はカリウムが多いので、とり過ぎないようにしましょう。

カリウムは水に溶けるので、野菜や芋は小さく切って水にさらしたり、茹でこぼしてから調理しましょう。 

(2) 水分の制限が必要な場合

医師の指示により、水分の制限が必要な場合は、お茶や水などの飲み物の他、汁物などの水分量にも注意しましょう。



腎臓リハビリテーション 運動療法 

これまで慢性腎臓病の患者さんは、運動することを制限されるのが一般的でした。運動をすると腎臓に負担がかかると考えられてきたためです。しかし最近の研究から、適度な運動は腎臓の血管を広げて、腎臓への負担を軽減する可能性があることがわかってきました。薬物療法、食事療法といった従来の治療に運動療法を加えた「腎臓リハビリテーション」という新しい治療プログラムが広がりつつあるのです。


私は下の本を読む。                                           

腎臓病は運動でよくなる! (東北大学が考案した最強の「腎臓リハビリ」) 単行本(ソフトカバー)  – 2018/12/17     上月 正博 (著)


原爆投下 知られざる作戦を追う                                                                        

トルーマン大統領が「多くの命を救うため」に決断したとされる原爆投下。実は明確な決断はなかった可能性が軍や政権の極秘資料から見えてきた。71年目の真実に迫る。
軍の責任者グローブスは、投下目標について、京都を主張するが、陸軍長官のスティムソンは、京都については不承認という。スティムソンは、その日記によると、市民を無差別に殺すことは、いまアメリカに向けられている国際社会の評価を一層下げることになる、と懸念していたことがわかる。
広島、小倉、長崎、新潟のいずれかに、最初の原子爆弾を投下すること
 二発目以降は、準備ができ次第落とすという内容。これが投下の直接の根拠になった。
大統領トルーマンはワシントンに戻って、広島の破壊状況を写真で見て、こんな破壊行為を行った責任は大統領である自分にあると言ったという。
私の父は日中戦争(支那事変)で右足で義足になって1945年(昭和20年)8月6日午前8時15分の原爆投下とき岩国から広島にいく汽車になっていた。
もし時間が遅いでしたで私はいないです。
詳細にある 簡単

ここをクリックし投票願います。

« 朝に病院の皮膚科に行きました。理学療法士がきた。プロフェッショナル 仕事の流儀「人の光を、解き放つ〜演出振付家MIKIKO」を見た。 | トップページ | 私の便秘対応。●偉人たちの健康診断「宮本武蔵 “五輪書”で極める心と体」と●BS世界のドキュメンタリー「私の脳を治せますか?」を見る。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 朝に病院の皮膚科に行きました。理学療法士がきた。プロフェッショナル 仕事の流儀「人の光を、解き放つ〜演出振付家MIKIKO」を見た。 | トップページ | 私の便秘対応。●偉人たちの健康診断「宮本武蔵 “五輪書”で極める心と体」と●BS世界のドキュメンタリー「私の脳を治せますか?」を見る。 »

最近の記事

最近のコメント

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30