フォト

にほんブログ村

  • 脳卒中おじさんの回想
    https://ameblo.jp/thanamizu
  • ここをクリックし投票願います。
  • にほんブログ村 (私のブログ村 の成績が見える))
無料ブログはココログ

人気ブロ

« 地域活動支援センター通所者とOBの親睦会に出た。偉人たちの健康診断「源頼朝 将軍さまも歯が命」を見た。 | トップページ | 1日デイサービスにいった。英雄たちの選択・選「幕末最強の軍をつくった男~佐賀藩主 鍋島閑叟~を見た。 »

2018年10月 8日 (月)

理学療法士がきた。家の外を歩きする 。歴史秘話ヒストリア「蒙古襲来の真実 鎌倉武士 最強の秘密」とBS世界のドキュメンタリー「おひとりさまの私」を見た。

ウェルネスリンク  歩数ランキング: 
最近1週間の平均歩数:歩  目標達成:0/7 日  週間Ex量:0.0 Ex
今日は歩数計1395
家の中を往復20回(7m*2=14m?)*0=0回(14*20*6=2800m?)
歩くときのストップウォッチで速度をはかる。いまの私は健康な人の約6倍もおそい。私が歩くのは右足の筋肉と便秘改善と頭の体操です。往復20回で歩数計は約2000歩数になる。
①分48秒 ②分48秒  ③分13秒④分04秒⑤分09秒
⑥分06秒⑦分20秒⑧分03秒⑨分22秒
インテレクトEMSポータブルを右肩の骨(行三角筋前部繊維)と
右足の腰骨と大転子の間にパッドを貼りダイアルを下に回し電源を
入れて目安は3-4程度 20分*2回
ハディマッサージャー ハンディバイブ(一般家庭向け電気マッサージ器)を
右手にする。振動刺激で筋肉の緊張をやわらげる。歩くときに悪い右足にできるだけ重心をかけるようにして右足を前に出すときに杖も前に出す。

 理学療法士がきた。家の外を歩きする

歴史秘話ヒストリア「蒙古襲来の真実 鎌倉武士 最強の秘密」
「蒙古襲来」を改めて知る
 今夜のヒストリアは「蒙古襲来の真実」をお届けいたしました。 私も「元寇(げんこう)」と教わった世代ですが、蒙古襲来とはモンゴル帝国の日本への大規模な侵攻をめぐる戦い。この蒙古襲来を「あらためて」知ることは私にとって「発見」でした。
攻め込まれる恐怖
 日本とモンゴルは当時、外交もほとんどないまま戦争に突き進んでしまったそうですが、お互いその代償は小さくなかったようです。
 当時のモンゴル軍はまさに「世界最強」。しかもその軍隊が10万を越えようかという大軍で大艦隊とともに、日本へ押し寄せてきました。しかも、集団で戦うことに習熟し、日本の武士が見たこともない強力な兵器を使う…日本には極めてきびしい状況だったことは間違いありません。
 番組でも、現代の地元 九州の方たちが、蒙古襲来の様子、恐怖を鮮明に語り伝え、私たちにも教えてくださいました。ならば当時、この大事件に実際遭遇した人々の衝撃はいかばかりだったでしょうか。
「神風」に助けられた?それとも…
 こうした日本側のピンチを救ったのが「神風」とされてきました。しかし、この「神風史観」を見直さないといけないような、日本の武士―「鎌倉武士」たちの大活躍が現在の研究で明らかになりつつあります。台風が大きな影響を与えたことは間違いありませんが、逆転の嵐というよりは「追い風」。やはり2回もモンゴル軍を撃退したのは“人”の力だった…今回の番組からそんなことを強く感じました。鎌倉武士の皆さんのがんばりも知らずに「神風が吹いて助かった!」と思っていたこと、反省しています。大変失礼致しました…。
謙虚ですね、鎌倉武士
 ヨーロッパから中東、中国大陸にいたるまで当時の世界の大半を支配下においた大モンゴル帝国。その侵略を2度も阻止したのですから、私が武士ならもっと自慢してしまいそうです。
 もっとも、事件があった鎌倉時代の人々には「神様が味方してくれたからこそ勝てた」と考えてしまうほどきびしく、奇跡的な勝利でもあったのでしょう。武士は力の限り奮戦し、寺社は必死に祈り、たまたまの自然現象も役立った―まさに総力戦のこの戦いにあって、私は特に鎌倉武士たちの粘り強さをたたえたいと思います。
BS世界のドキュメンタリー「おひとりさまの私」
独身30代の女性に対して風当たりが強い中国・豪・西・トルコの4人の女性の“シングルぶり”に密着。世間の圧力に抗して自分らしい生き方を探す姿を4年にわたり追った。
高学歴のトルコ人女性。恋人探しをあきらめて人工授精に挑むスペイン女性。オンラインでのお相手探しに疲れ、“おひとり様”として自己変革を決意するオーストラリアの30代。そして、フランス帰りの上海在住キャリア女性は、婚活に精力を注ぐが、周囲の偏見や固定観念へのズレを拭えない・・・4人の心の揺れを描きながら、それぞれが思い悩んだ末に出していく未来図に寄り添う。世界各地でがんばっているシングル女性への応援歌!
<4夜連続 シリーズ 愛憎のむきだし >
BS世界のドキュメンタリー「離婚の泥沼」
子どもの養育権をめぐる離婚カップルの争いに、妻の実母と夫の新妻が加わり “四つどもえ” のバトルに! 愛と憎しみが生々しく入り乱れる1年半の壮絶なドキュメント。
イギリスに暮らすスティーブとテリーアンの元夫婦。調停人による話し合いの場にカメラを据えて、子どもの幸せのために溝を乗り越えようとするプロセスに密着する。
「子どもともっと面会を」というスティーブの要求にテリーアンは応じるが、露出度の高い服で出迎えて誘惑したり、元夫の再婚相手に嫉妬したりと、互いへの恨みつらみはエスカレートしていく。
一度は愛し合ったカップルがなぜ破局を迎えるのか? 泥沼からの出口は?
「壊れた夫婦の修復法」
結婚生活の破局か復縁かの岐路はどこに…有名セラピストが危機を迎えた2組の夫婦にカウンセリングを行う過程に密着。すれちがう夫の妻は、互いの心の声に気づくのか?
「おひとりさまの私」
独身30代の女性に対して風当たりが強い中国・豪・西・トルコの4人の女性の “シングルぶり” に密着。世間の圧力に抗して自分らしい生き方を探す姿を4年にわたり追った。
「ダイアナ妃の “憎き” 継母」
ダイアナ元皇太子妃と、その継母となったスペンサー伯爵夫人レイン。当初は憎しみあい、妃の離婚の苦悩を機に “無二の親友” となってゆく。美貌の才女2人の知られざる物語。

« 地域活動支援センター通所者とOBの親睦会に出た。偉人たちの健康診断「源頼朝 将軍さまも歯が命」を見た。 | トップページ | 1日デイサービスにいった。英雄たちの選択・選「幕末最強の軍をつくった男~佐賀藩主 鍋島閑叟~を見た。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 地域活動支援センター通所者とOBの親睦会に出た。偉人たちの健康診断「源頼朝 将軍さまも歯が命」を見た。 | トップページ | 1日デイサービスにいった。英雄たちの選択・選「幕末最強の軍をつくった男~佐賀藩主 鍋島閑叟~を見た。 »

最近の記事

最近のコメント

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30