フォト

にほんブログ村

  • 脳卒中おじさんの回想
    https://ameblo.jp/thanamizu
  • ここをクリックし投票願います。
  • にほんブログ村 (私のブログ村 の成績が見える))
無料ブログはココログ

人気ブロ

« 看護師がきた。 右足の傷の褥瘡(じょくそう)をなおしをした。2度目のオーストラリア~ちょっとディープな海外旅行~「ケアンズ編」」とコズミック フロント☆NEXT選「村山斉の宇宙をめぐる大冒険」と世界の哲学者に人生相談「哲学トークセレクション 第二章」を見た。 | トップページ | 1日デイサービスにいった。褥瘡(じょくそう)も良くなってきたので新しい下肢装具を作る。SONGS「HY 美しき故郷・沖縄」と密着ドキュメント 夢と絆のインターハイ「新体操 女子団体」とAsia Insight「“魔女狩り”根絶をめざす〜ネパール〜」を見た »

2018年8月30日 (木)

理学療法士がきた。家の中を往復15回(7m*2=14m?)*15=210m?)歩きする。BS世界のドキュメンタリー選「“楽園”に渡った異邦人たち」」と アスリートの魂・選「17歳“日本新”までの葛藤 競泳 池江璃花子」を見た

ウェルネスリンク  歩数ランキング: 
最近1週間の平均歩数:歩  目標達成:0/7 日  週間Ex量:0.0 Ex
今日は歩数計537
家の中を往復20回(7m*2=14m?)*0=0回(14*20*6=2800m?)
歩くときのストップウォッチで速度をはかる。いまの私は健康な人の約6倍もおそい。私が歩くのは右足の筋肉と便秘改善と頭の体操です。往復20回で歩数計は約2000歩数になる。
①分48秒 ②分48秒  ③分13秒④分04秒⑤分09秒
⑥分06秒⑦分20秒⑧分03秒⑨分22秒
インテレクトEMSポータブルを右肩の骨(行三角筋前部繊維)と
右足の腰骨と大転子の間にパッドを貼りダイアルを下に回し電源を
入れて目安は3-4程度 20分*2回
ハディマッサージャー ハンディバイブ(一般家庭向け電気マッサージ器)を
右手にする。振動刺激で筋肉の緊張をやわらげる。歩くときに悪い右足にできるだけ重心をかけるようにして右足を前に出すときに杖も前に出す。
理学療法士がきた。家の中を往復15回(7m*2=14m?)*15=210m?)歩きする。

BS世界のドキュメンタリー選「“楽園”に渡った異邦人たち」
南ヨーロッパで難民認定を待つ人々の前に、白人俳優が演じるニセの役人が現れる。受け入れをめぐる欧州社会の「本音と建前」を語る男に、本物の難民たちはどう答えるのか?
ヨーロッパの一般市民が難民に対して抱く感情を、反対派・擁護派・ルール遵守型に分類し、実際の難民たちにぶつけてみた実験的なドキュメンタリー番組。欧州側が抱える矛盾や葛藤、難民側が抱く希望と現実のギャップが浮き彫りになっていく。俳優がなりきって演ずる役人像が、共感と反感がないまぜとなった反応を呼んでいく・・・
原題
Stranger in Paradise
制作
Zeppers Film (オランダ 2016年)
アスリートの魂・選「17歳“日本新”までの葛藤 競泳 池江璃花子」
競泳の池江璃花子選手。これまで日本が劣勢だった自由形とバタフライで日本記録を次々と更新、東京五輪でメダルが期待されている。強さの秘密は?驚異的な肉体と技術に特殊カメラが迫る。順調に見える競技人生。しかしリオ五輪後、人知れず不調に陥った。自らの泳法を原点から見つめ直す日々に密着。真価が問われる4月の日本選手権まで、若きエースの挑戦を追う。番組ナビゲーターはレスリングの吉田沙保里選手!
出演者ほか
【出演】競泳オリンピック選手…池江璃花子,【ナビゲーター】吉田沙保里,【語り】宮野真守
高校1年[編集]
日本史上最多7種目での五輪出場・9種目の日本記録保持者に
 2016年4月、淑徳巣鴨高校へ進学するも、初登校する間もなくリオ五輪代表選考会を兼ねた第92回日本選手権に挑むことになる[37]。池江は4種目にエントリーし、リレーを含めた7種目での代表入りを狙った。大会を通じて、高校新7回、日本新1回、WJ新1回の活躍で、計4種目の代表権を獲得。さらにその後の5月から6月にかけて参加した大会での活躍と将来性が認められ、日本競泳史上初めて7種目での五輪派遣が決定した(→リオ五輪代表選考)。
 5月のジャパンオープン、100m自由形でオーストラリアの強豪キャンベル姉妹と対決。前年の世界選手権銅メダリストで後に世界記録を樹立する姉ケイト・キャンベル(英語版)には1秒半以上遅れたものの、世界選手権チャンピオンである妹のブロンテ・キャンベル(英語版)に競り勝ち53秒98の高校記録を樹立、キャンベル姉妹がオープン参加だったため優勝者となった[38]。また50mバタフライは世界ジュニア新記録となる26秒05で、100mバタフライは57秒57でそれぞれ優勝を飾った。200m自由形は五十嵐千尋に次ぐ2位だった[39][40]。
 6月、欧州ツアー帰国からわずか3日後の東京都高校選手権、疲労と時差ボケが残る中、全日本選手権で内田美希に0秒11更新された100m自由形の日本記録を再び0秒19更新する53秒69の日本新記録で優勝[41][42]。代表選考に直接は関係ないものの日本選手権では届かなかった五輪派遣標準記録も0秒12上回った。
 7月、五輪前最後の公式戦として三重県選手権にオープン参加で出場すると、50mバタフライで加藤ゆかの持つ従来の日本記録を0秒45と大幅に更新、25秒50の日本新記録を樹立した。これにより4種目の日本記録保持者となった[43]。
リオ五輪後
 8月のインターハイは、池江、長谷川涼香、今井月、持田早智ら高校生五輪代表の「リオ五輪直後の大会」という事もあり立ち見が出るほど注目が集まった[44]。池江はブラジルから帰国後、羽田空港から直接開催地の広島に向かうという強行軍の中[45]、50m自由形と100m自由形で大会新を樹立し優勝、日本記録保持者の貫禄を見せつけた[46]。大会3日目の400mメドレーリレーは、池江、長谷川の代表2人を擁する淑徳巣鴨高校と、今井を擁する豊川高校の一騎討ちとなり、2泳の今井だけで6秒近いリードを作った豊川が、淑徳巣鴨の3泳長谷川とアンカー池江の猛追を振り切り優勝、淑徳巣鴨は1秒差の準優勝となった[47]。最終日、3泳を務めた800mリレー決勝ではトップと6秒差の6位でバトンを受け取ると、決勝出場者中ただひとり2分を切る1分57秒台の泳ぎで5人をごぼう抜きにし、さらに1秒以上のリードを作った状態でアンカーの長谷川に繋いだ。チームは大会記録を6秒以上更新して優勝を飾った[48]。
 9月、岩手県で開催された国体に出場。前月だけで計30レースという超過密日程の中、「シーズン最後の大会で日本新を」と挑んだ50m自由形決勝において自らの日本記録を0秒07更新した[49]。
 10月、東京で行われたワールドカップ2016東京大会(短水路)の100m個人メドレーにおいて、渡部香生子が保持していた従来の記録を1秒以上縮める58秒24の短水路日本新記録を樹立し、5種目の日本記録保持者となった[50]。
 11月、東京で開催された第10回アジア水泳選手権の100m自由形決勝で自身の日本記録を0秒01更新する53秒68をマークした[51]。同大会では50m自由形、50m、100mバタフライ、及び400mメドレーリレーで優勝し、特に第3泳を務めたメドレーリレーでは引き継ぎながら100mバタフライの日本記録を0秒66上回るタイムで泳ぎ、日本の優勝に大きく貢献した[※ 6]。
 12月、カナダ・ウィンザーで行われた第13回世界短水路選手権に出場。50m及び100mバタフライで銅メダルを獲得すると同時に、加藤ゆかが保持していたの両種目の日本記録も更新して7種目の日本記録保持者となった。
 2017年1月、東京都水泳選手権の200m自由形決勝において五十嵐千尋の日本記録を0秒85更新し、8種目の日本記録保持者となった[52]。
 2月18日、コナミ・オープンの50m自由形決勝において、苦手としていたノーブレス[※ 7]を初めて取り入れ、自身の日本記録を0秒19更新する24秒48[※ 8]で優勝した[53]。
 3月、フランスに遠征し、FFNゴールデンツアーに参戦。200m自由形ではカティンカ・ホッスーを終始リードして勝利するなど、出場した5種目中4種目で優勝を果たした[54]。また50mバタフライ決勝では自由形に続いて自身初めてノーブレス泳法を達成した[55]。
 3月29日、高校1年最後の競技会となるJOC春季大会に出場。内田美希が保持していた短水路50m自由形の日本記録を0秒17更新する24秒05で泳ぎ、9種目の日本記録保持者となった[56]。
高校2年[編集]
史上初日本選手権5冠達成
 2017年4月、第93回日本選手権に出場。50m、100m、200m自由形、50m、100mバタフライの5種目にエントリーし、4日間で10レースを泳いだ池江は、ドーピング検査が長引いたことによる睡眠不足や[57]、食事を満足に取れずに体重を3kg落とすほどの過密スケジュールを物ともせず[58]、エントリーした種目すべてで優勝を果たした。自身が持つ日本記録の更新こそならなかったが、100m自由形および50m、100mバタフライの3種目では、2位に1秒以上の大差をつける圧倒的な強さを見せた。これによりそれまで最多だった2002年の萩原智子と2015年の渡部香生子の4冠を上回り、初めて日本選手権で5冠を達成した女子選手となった[59]。
 8月の第6回世界ジュニア選手権において、50m自由形、50、100mバタフライで優勝。特に50mバタフライでは自身の日本記録を1年1ヶ月ぶりに更新する活躍で大会MVPに輝いた[60]。
高校3年[編集]
 5月23日、東京五輪に向けての新体制として、中学時代から指導を受けて来た村上二美也の元を離れ、元五輪代表の三木二郎を新たなコーチとすることを発表。それに伴い所属もそれまでの「ルネサンス亀戸」から単に「ルネサンス」へと変更された[61]。
史上初アジア競技大会日本選手6冠達成[編集]
 2018年8月アジア競技大会ジャカルタに出場 50m、100m自由形、50m、100mバタフライ、400mフリーリレー、400mメドレーリレーの6種目で優勝 日本人初となるアジア競技大会6冠を達成した。

« 看護師がきた。 右足の傷の褥瘡(じょくそう)をなおしをした。2度目のオーストラリア~ちょっとディープな海外旅行~「ケアンズ編」」とコズミック フロント☆NEXT選「村山斉の宇宙をめぐる大冒険」と世界の哲学者に人生相談「哲学トークセレクション 第二章」を見た。 | トップページ | 1日デイサービスにいった。褥瘡(じょくそう)も良くなってきたので新しい下肢装具を作る。SONGS「HY 美しき故郷・沖縄」と密着ドキュメント 夢と絆のインターハイ「新体操 女子団体」とAsia Insight「“魔女狩り”根絶をめざす〜ネパール〜」を見た »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 看護師がきた。 右足の傷の褥瘡(じょくそう)をなおしをした。2度目のオーストラリア~ちょっとディープな海外旅行~「ケアンズ編」」とコズミック フロント☆NEXT選「村山斉の宇宙をめぐる大冒険」と世界の哲学者に人生相談「哲学トークセレクション 第二章」を見た。 | トップページ | 1日デイサービスにいった。褥瘡(じょくそう)も良くなってきたので新しい下肢装具を作る。SONGS「HY 美しき故郷・沖縄」と密着ドキュメント 夢と絆のインターハイ「新体操 女子団体」とAsia Insight「“魔女狩り”根絶をめざす〜ネパール〜」を見た »

最近の記事

最近のコメント

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30