フォト

にほんブログ村

  • 脳卒中おじさんの回想
    https://ameblo.jp/thanamizu
  • ここをクリックし投票願います。
  • にほんブログ村 (私のブログ村 の成績が見える))
無料ブログはココログ

人気ブロ

« 「ボブ・ディラン “トラブル・ノー・モア” ライブ」と地球タクシー 「サンクトペテルブルグを走る」「ローマを走る」とホモ・サピエンス ついに日本へ!を見た。 | トップページ | 看護師がきた。 右足の傷の褥瘡(じょくそう)をなおしをした。 理学療法士がきた。家の中を往復15回(7m*2=14m?)*15=210m?)歩きする..。世界ふれあい街歩き「ニューヨーク・クイーンズ~アメリカ~」とプロフェッショナル 仕事の流儀 「宇多田ヒカル スペシャル」を見た »

2018年7月29日 (日)

BS1スペシャル「欲望の時代の哲学~マルクス・ガブリエル 日本を行く~」とBS1スペシャル「アリゾナ 不法移民ハイウェイ~荒野の攻防戦~を見た

ウェルネスリンク  歩数ランキング: 

最近1週間の平均歩数:歩  目標達成:0/7 日  週間Ex量:0.0 Ex
今日は歩数計455
家の中を往復20回(7m*2=14m?)*0=0回(14*20*6=2800m?)
歩くときのストップウォッチで速度をはかる。いまの私は健康な人の約6倍もおそい。私が歩くのは右足の筋肉と便秘改善と頭の体操です。往復20回で歩数計は約2000歩数になる。
①分48秒 ②分48秒  ③分13秒④分04秒⑤分09秒
⑥分06秒⑦分20秒⑧分03秒⑨分22秒

インテレクトEMSポータブルを右肩の骨(行三角筋前部繊維)と
右足の腰骨と大転子の間にパッドを貼りダイアルを下に回し電源を
入れて目安は3-4程度 20分*2回
ハディマッサージャー ハンディバイブ(一般家庭向け電気マッサージ器)を
右手にする。振動刺激で筋肉の緊張をやわらげる。歩くときに悪い右足にできるだけ重心をかけるようにして右足を前に出すときに杖も前に出す。


BS1スペシャル「欲望の時代の哲学~マルクス・ガブリエル 日本を行く~」

若き天才、ヨーロッパの知性の新たな継承者と称されるマルクス・ガブリエル。彼の思想が欧米ではもちろん、日本でも話題となり広がりを見せている。格差、分断、民主主義の危機も叫ばれ、テクノロジーが皮肉にも人々に恩恵のみならず不安とストレスを生んでいる時代に日本の可能性は?さまざまな分野の知性、街行く人々など多くの偶発的な対話も取り込んだ対話の旅。その軌跡から見えるのは?2018年日本の予定調和なき思索紀行

 

【出演】哲学者マルクス・ガブリエル,阪大教授(知能機能創成工学)石黒浩,哲学者・東京工業大学教授國分功一郎,哲学者・立命館大学准教授千葉雅也

【番組を企画したきっかけは?】
「資本主義はショウだ」(「欲望の資本主義2018」)「民主主義は、“真実を得る方法”でもなければ“噓つきの政府を暴く方法”でもなく情報処理の一形態」(「欲望の民主主義」)など、刺激的にしてフラットな言葉を番組に残し、大きな反響を生んだ、哲学者マルクス・ガブリエルが、6月に来日しました。
資本主義が格差を拡大、民主主義に亀裂を走らせ分断を生み、さらにテクノロジーの発展が恩恵のみならず人々の心の底に不安感を生む時代…。彼の思想の何が日本の、世界の人々の心を捉えたのか?
時代の変動期だからこそ、立ち止まり、自分たちが生きる社会のあり方を考える、ひとつのきっかけとなることを願っています。

【番組の見どころは?】
東京、大阪、京都…、一週間あまりで駆け抜けた、2018年、ニッポンの初夏。
講演会、知識人との対話のみならず、街場で様々な人々とも触れ合います。たまたま相席になった女性たち、仕事帰りのビジネスマン、タクシーの運転手さん…、様々な市井の人々の等身大の悩みにも答えます。
「幸せになるには?」
「新実在論」という哲学の叡智がもたらす、答は?
次々に、刺激的な言葉が漏れます。その真意は…?どうぞ、番組をご覧ください。

【見てくださる方に一言】
2018年初夏。
哲学は、形而上の単なる「知識」などではなく、今や時代が要請する、実践的な思考の技術なのかもしれません。
ガブリエルの旅に、映像でご一緒いただき、ぜひ一緒に考えましょう。

(番組プロデューサー 丸山俊一)

映像や話す内容から、物事はフォーカスしないところでも同時並行的に起こっているし、流れるように俯瞰して客観視することが、この欲望時代、必要かと感じました。
また、人間を定義するかしないかの対談内容も、もしかしたら、人間に焦点を当てすぎるのが欲望につながるのかとも感じました。
考えるきっかけをありがとうございます。
番組自体も、まさに哲学的だな~って思いました!

投稿者:キャリコ

国の歴史が価値観やその国の憲法に影響を与えていること。
哲学とは無縁だと思っていたけど、この歳でも感銘を受けました。
著書を買って読みたいと思います。

投稿者:あーちゃん

考えさせられた!皆さんにも見せたい!

投稿者:末吉暁生

学生の頃に哲学や現代思想を少しだけかじったが、今はこういう人が話題になってるんだ、と思いながら見た。
某国に住んでいるとき、哲学の番組があったり、哲学者がコメンテーターだったりして、ああ、ここでは哲学は脈々と生きているんだと実感した。
日本でも、大学を出た人は哲学史の概要がわかってるような社会になるとイイ。

投稿者:マンゴ

今までにみた番組のなかで世界一凝縮された面白い番組だった

投稿者:ミラクル・スイッチ

マルクスさんは「欲望の資本主義」を観て注目していた哲学者だったので、彼が日本で哲学を考えるというのは、非常に興味深かったです。
日本の社会について、さまざまな考察をしていましたが、どれも納得させられるものばかりでした。
哲学は難しいイメージでしたが、マルクスさんの話は分かりやすく、私も考えやすかったです。

BS1スペシャル「アリゾナ 不法移民ハイウェイ~荒野の攻防戦~

アリゾ州南部、メキシコ国境から北に広がる荒野は“不法移民ハイウェイ”と呼ばれている。ここを年間30万人の不法移民が通過するのだ。不法移民に厳しい姿勢をとるトランプ大統領就任以来、この荒野を舞台に不法移民を巡る争いが激化した。大型銃を手に不法移民の取締りに乗り出す民兵。一方、渇きで死の危険に直面する不法移民に飲料水を提供する人々もいる。不法移民の排除か保護か。移民問題に揺れるアメリカをみつめる。

 

BS1スペシャル「アリゾナ 不法移民ハイウェイ」by川畑
「アメリカ・アリゾナ州の荒野が不法移民の墓場になっている」アメリカ・メディアの1本の小さな記事が取材のきっかけだった。調べていけば調べていくほど、奇怪な状況が明らかになってきた。
アリゾナ州南部で国境を越えた不法移民が、荒野を5日間かけて、130キロ歩き続ける。水が足りなくなり、死ぬ者もいるという。驚いたのは、不法移民を捕らえるため、民兵組織が活動していること、さらには、不法移民を助けるために荒野に水を置く人々もいることだった。不法移民という、アメリカでは解決不可能にみえる問題を描くには、絶好の舞台だと感じた。

ちなみに民兵組織は不法移民のことを「Illegal Alien」、「不法な外国人」と呼ぶ。一方で、水を配る側の人々は、「Migrant」、「移住者」と呼ぶ。そこには、現代のアメリカ社会の中で渦巻く、根本的な考えの違いがある。「不法な外国人」と呼ぶ側は、アメリカ社会を、ソリッドで、変えてはいけないものと考えている。「移住者」と呼ぶ側は、古代から続く人類の移動が念頭にあるのだ。もともとアメリカは、ネイティブ・アメリカンを含め、移住者によって作られてきたという考えだ。かといって、不法移民を推奨している訳ではない。死ぬことだけは止めたいという思いから、水を荒野に置いているのだ。
さらに、近年、話題になってきた「フェイクニュース」も関連…続きは
BSトピックス SPECIAL COLUMN BS1スペシャル「アリゾナ 不法移民ハイウェイ」by川畑

 

« 「ボブ・ディラン “トラブル・ノー・モア” ライブ」と地球タクシー 「サンクトペテルブルグを走る」「ローマを走る」とホモ・サピエンス ついに日本へ!を見た。 | トップページ | 看護師がきた。 右足の傷の褥瘡(じょくそう)をなおしをした。 理学療法士がきた。家の中を往復15回(7m*2=14m?)*15=210m?)歩きする..。世界ふれあい街歩き「ニューヨーク・クイーンズ~アメリカ~」とプロフェッショナル 仕事の流儀 「宇多田ヒカル スペシャル」を見た »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「ボブ・ディラン “トラブル・ノー・モア” ライブ」と地球タクシー 「サンクトペテルブルグを走る」「ローマを走る」とホモ・サピエンス ついに日本へ!を見た。 | トップページ | 看護師がきた。 右足の傷の褥瘡(じょくそう)をなおしをした。 理学療法士がきた。家の中を往復15回(7m*2=14m?)*15=210m?)歩きする..。世界ふれあい街歩き「ニューヨーク・クイーンズ~アメリカ~」とプロフェッショナル 仕事の流儀 「宇多田ヒカル スペシャル」を見た »

最近の記事

最近のコメント

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30