フォト

にほんブログ村

  • 脳卒中おじさんの回想
    https://ameblo.jp/thanamizu
  • ここをクリックし投票願います。
  • にほんブログ村 (私のブログ村 の成績が見える))
無料ブログはココログ

人気ブロ

« 今日、私の大学の友達と特別養護老人ホームに私の母に行って木曾路にいった。アナザーストーリーズ「“オネエ”たちは闘った~知られざる勇気の系譜~」と 先人たちの底力 知恵泉「嫌われ者の極意  蒲生氏郷 秀吉に“恐れられた男”」を見た。 | トップページ | 看護師がきた。 右足の傷の褥瘡(じょくそう)をなおしをした。 2度目のギリシャ~ちょっとディープな海外旅行~「アテネ編」と南極 氷の下のタイムカプセルを見た。 »

2018年7月25日 (水)

1日デイサービスにいった。南極 氷の下のタイムカプセルと摩天楼の上に広がる“異空間” ニューヨークを見た。

ウェルネスリンク  歩数ランキング: 

最近1週間の平均歩数:歩  目標達成:0/7 日  週間Ex量:0.0 Ex
今日は歩数計1170
家の中を往復20回(7m*2=14m?)*0=0回(14*20*6=2800m?)
歩くときのストップウォッチで速度をはかる。いまの私は健康な人の約6倍もおそい。私が歩くのは右足の筋肉と便秘改善と頭の体操です。往復20回で歩数計は約2000歩数になる。
①分48秒 ②分48秒  ③分13秒④分04秒⑤分09秒
⑥分06秒⑦分20秒⑧分03秒⑨分22秒

インテレクトEMSポータブルを右肩の骨(行三角筋前部繊維)と
右足の腰骨と大転子の間にパッドを貼りダイアルを下に回し電源を
入れて目安は3-4程度 20分*2回
ハディマッサージャー ハンディバイブ(一般家庭向け電気マッサージ器)を
右手にする。振動刺激で筋肉の緊張をやわらげる。
歩くときに悪い右足にできるだけ重心をかけるようにして右足を前に出すときに杖も前に出す。

1日デイサービスにいった。


朝の会・脳トレ答え・入浴・食事・体操・書道教室・おやつ・帰りの会


南極 氷の下のタイムカプセル

なぜ地球は生命あふれる星になったのか?その答えが南極にある。目指すは厚い氷に閉ざされた湖の下。3日がかりで氷に穴をあけるとタイムカプセルの入り口が姿を現した。湖底には、地球に酸素を生み出した微生物の塊が広がり、太古の地球に似た光景を作っていた。酸素の登場は地球46億年の歴史に革命を起こした奇跡だ。その奇跡はどのように起きたのか。超高精細8Kカメラで初めて撮影した映像とともに解き明かしていく出演者ほか

【語り】中條誠子,田中洋行,【声】宗矢樹頼

番組スタッフから

224日(土)放送の「南極 氷の下のタイムカプセル」では、その湖に世界で初めてテレビカメラが入り、超高精細8Kカメラでの撮影に成功しました。
一体、そこはどんな世界だったのか。筒井芳典ディレクターに話を聞きました!

いつまでたってもたどり着けない!
今回のロケは、撮影を始めるまでにとても時間がかかりました。南アフリカのケープタウンから拠点となる南極の基地まで飛行機で6時間、天候が悪かったのでそこで1週間待機し、スノーモービルで120キロメートル離れた撮影地のアンターセー湖まで12時間かけて行きました。湖に着いたのは日本を出発してから20日後でしたね。

南極に到着して驚いたのが、遠くのものが近くに見えること。南極って地球上で最も乾燥している場所の一つです。空気も澄んでいるので、実際の距離より近くに見えてしまうんですね。近くに見える山に向かって進んでも、なかなか到着しない……。

──荷物も多かったと思いますが、運ぶだけでも大変そうですね。
撮影機材だけでなく、生活用品もすべて用意していかなくてはならないので結構大変でした。今回はディレクター1人、潜水カメラマン3人、コーディネーター1人、そして海外の研究者5人で南極に行ったのですが、予備の機材や悪天候で帰りが遅れるリスクにも備えなくてはいけないので、日本チームの荷物だけで大きなトランク40個にもなりました。これでも必要最小限にとどめたんですけどね。…続きは
ここは宇宙? 湖の底にある原始の地球を撮影◇南極 氷の下のタイムカプセル

こんな世界があることに感動

投稿者:純子

ゾクゾクしながら拝見しました。本当にタイムカプセルですね。酸素誕生の秘密。まだまだ解析が必要でしょうが、第一報として貴重な映像だと思います。地球の生物の歴史の最も根幹の進化のベールが剥がされると思うとまだまだ死ねない。解析の続編を熱望します。酸素の進化関連番組を一挙放送して欲しい。光合成クラスターを含めてお願いします。

投稿者:カイアシ

興味深い内容でしたが、90分は冗長に感じました。
45
分くらいにまとめた方が面白かったと思います。

 

摩天楼の上に広がる“異空間” ニューヨーク

世界的な都市の屋上には、地上からは決して見えない魅力的な風景と生活がある。パリ・バルセロナ・NY・ブエノスアイレス・東京を、圧倒的な映像の力で描く異色紀行番組。

百年前から摩天楼が建ち並んでいたニューヨーク。映画やブロードウェイの芝居にもしばしば登場するのが、古きよき時代を感じさせる「木造の貯水タンク」だ。常に屋上で働くタンク業者や貯水タンク・アーティストを取材。その他、ブルックリンの愛鳩家、屋上の映画祭、高級レストランに新鮮な食材を提供する大規模な屋上菜園、高所恐怖症の克服になる空中ブランコ教室、メトロポリタン美術館の不思議な庭園、などを取り上げる。

原題

On the Cities Rooftops: New York

制作

国際共同制作 Gedeon Programmes / NHK / ARTE G.E.I.E. (フランス 2016年)

 

« 今日、私の大学の友達と特別養護老人ホームに私の母に行って木曾路にいった。アナザーストーリーズ「“オネエ”たちは闘った~知られざる勇気の系譜~」と 先人たちの底力 知恵泉「嫌われ者の極意  蒲生氏郷 秀吉に“恐れられた男”」を見た。 | トップページ | 看護師がきた。 右足の傷の褥瘡(じょくそう)をなおしをした。 2度目のギリシャ~ちょっとディープな海外旅行~「アテネ編」と南極 氷の下のタイムカプセルを見た。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 今日、私の大学の友達と特別養護老人ホームに私の母に行って木曾路にいった。アナザーストーリーズ「“オネエ”たちは闘った~知られざる勇気の系譜~」と 先人たちの底力 知恵泉「嫌われ者の極意  蒲生氏郷 秀吉に“恐れられた男”」を見た。 | トップページ | 看護師がきた。 右足の傷の褥瘡(じょくそう)をなおしをした。 2度目のギリシャ~ちょっとディープな海外旅行~「アテネ編」と南極 氷の下のタイムカプセルを見た。 »

最近の記事

最近のコメント

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30