フォト

にほんブログ村

  • 脳卒中おじさんの回想
    https://ameblo.jp/thanamizu
  • ここをクリックし投票願います。
  • にほんブログ村 (私のブログ村 の成績が見える))
無料ブログはココログ

人気ブロ

« 1日デイサービスにいった。 コズミック フロント☆NEXT「ネアンデルタール人はなぜ絶滅したのか?」とアスリートの魂▽“167センチ”が道を拓く バスケットボール・富樫勇樹を見た。 | トップページ | アーススキャナー~宙(そら)からわかる“奇景”の謎~とBS世界のドキュメンタリー「豪華客船ルシタニア 沈没の真実」を見た。 »

2018年6月30日 (土)

SWITCHインタビュー 達人達(たち)「フジコ・ヘミング×田川啓二とBS世界のドキュメンタリー:カラーでよみがえるアメリカ1940年代 - YouTubeを見た。

ウェルネスリンク  歩数ランキング: 

最近1週間の平均歩数:歩  目標達成:0/7 日  週間Ex量:0.0 Ex
今日は歩数計379
家の中を往復20回(7m*2=14m?)*0=0回(14*20*6=2800m?)
歩くときのストップウォッチで速度をはかる。いまの私は健康な人の約6倍もおそい。私が歩くのは右足の筋肉と便秘改善と頭の体操です。往復20回で歩数計は約2000歩数になる。
①分48秒 ②分48秒  ③分13秒④分04秒⑤分09秒
⑥分06秒⑦分20秒⑧分03秒⑨分22秒

インテレクトEMSポータブルを右肩の骨(行三角筋前部繊維)と
右足の腰骨と大転子の間にパッドを貼りダイアルを下に回し電源を
入れて目安は3-4程度 20分*2回
ハディマッサージャー ハンディバイブ(一般家庭向け電気マッサージ器)を
右手にする。振動刺激で筋肉の緊張をやわらげる。
歩くときに悪い右足にできるだけ重心をかけるようにして右足を前に出すときに杖も前に出す。

そして悪い右足と杖で大きく良い左足が前に出ていることを目標する

SWITCHインタビュー 達人達(たち)「フジコ・ヘミング×田川啓二」

ピアニストのフジコ・ヘミングさんと、ビーズ刺繍デザイナーの田川啓二さん。この回については言葉での説明は不要だと思います。フジコさんの音楽に聴きほれ、田川さんのビーズ刺繍にうっとりし、おふたりの話に耳を傾ける・・・番組をご覧になる皆様が、そうなっていただく事がわたしたちの願いです。

 ・・・なのですが、もうひとつだけ。

現在、フジコ・ヘミングさんのドキュメンタリー映画「フジコ・ヘミングの時間」(小松莊一良監督)が公開されています。私はこのタイトルから、フジコさんの中で時はどのように刻まれているのだろうか、フジコさんの音楽を鑑賞する時間は何と豊かな贈り物だろうか、などいろいろな「時間」を想像しました。

田川さんの作品にも、さまざまな「時間」が流れています。すべて手作業という膨大な時間の蓄積、インドなど世界各国で技が磨かれてきた歴史という時間、田川さんによって作品となったビーズはいつまでもキラキラ光るだろうという未来への時間。

 今回のおふたりの話の中にも、想像力にあふれた希有な時間が流れています。そんな時間をお楽しみください。

投稿者:

ピアニスト、フジコ・ヘミング。コンサートで世界を回り、今年はドキュメンタリー映画も公開される。ビーズ刺しゅうデザイナーの田川啓二と、美と音楽について語る。

田川のアトリエを訪ねたフジコ。さまざまなビーズ素材を巧みに組み合わせた刺しゅうを鑑賞する。幼少期からビーズ刺しゅうに興味があったというフジコ、まばゆい光を放つ立体感や、和柄のドレスにビーズ刺しゅうを施すことについて語り合った。一方、フジコのコンサートに出向いた田川、「ラ・カンパネラ」を始めとする名曲の演奏に聴きほれる。古き良きものを愛するフジコ、「私の演奏もアンティーク」

 

【出演】ピアニスト…フジコ・ヘミング,【出演】ビーズ刺繍デザイナー…田川啓二,【語り】吉田羊,六角精児

 

BS世界のドキュメンタリーカラーでよみがえるアメリカ1940年代 - YouTube

www.youtube.com/watch?v=-D-8tgICZoo

1940年代は、4選したルーズベルト大統領の政策と第二次大戦が柱になる。日系米人の隔離強制移住というアメリカ史の恥部も紹介される。お馴染みの真珠湾攻撃の映像もカラー化されているが、映像自体はあまり目新しい映像ではない。何より一番感じたのは、アメリカ人の海外情勢に対する無関心さと無知さで、戦前の日本国内の状態とは大分違うという印象を受ける。基本的にアメリカ人は、他人のことなどどうでも良く自分たちのことだけ考える人々なのかと感じてしまう。それを思うと昨今の「アメリカ・ファースト」というスローガンもまったく目新しいことではないことがわかる。

個人所蔵などで埋もれていた膨大なフィルムを発掘。カラー化してアメリカの20世紀の歩みに新たな光を当てる全5回シリーズ。超大国の社会風俗が色鮮やかに目の前に広がる。

シリーズ3回目の1940年代は、ナチスのフランス占領に始まり、太平洋でも戦線が拡大。真珠湾では、アリゾナ号を長期取材していたフォックスのカメラマンが350機を超す日本の戦闘機が飛来する瞬間を捉えた。本土では、徴兵や戦時公債の機運がハリウッドスターらも巻き込みながら広がり、日系人は収容所へ。マンハッタン計画の元での原爆開発も・・・そして、戦後、アメリカは反共に傾いていく。

原題

America in Color: 1940s

制作

SNI / SI Networks /
Arrow International Media
(アメリカ 2017年)

初回放送

2017127日(木)午前000分~

再放送

2018110日(水)午後500分~
2018
625日(月)午後100分~

 

アーススキャナー~宙(そら)からわかる“奇景”の謎~

 

« 1日デイサービスにいった。 コズミック フロント☆NEXT「ネアンデルタール人はなぜ絶滅したのか?」とアスリートの魂▽“167センチ”が道を拓く バスケットボール・富樫勇樹を見た。 | トップページ | アーススキャナー~宙(そら)からわかる“奇景”の謎~とBS世界のドキュメンタリー「豪華客船ルシタニア 沈没の真実」を見た。 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 1日デイサービスにいった。 コズミック フロント☆NEXT「ネアンデルタール人はなぜ絶滅したのか?」とアスリートの魂▽“167センチ”が道を拓く バスケットボール・富樫勇樹を見た。 | トップページ | アーススキャナー~宙(そら)からわかる“奇景”の謎~とBS世界のドキュメンタリー「豪華客船ルシタニア 沈没の真実」を見た。 »

最近の記事

最近のコメント

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31