フォト

にほんブログ村

  • 脳卒中おじさんの回想
    https://ameblo.jp/thanamizu
  • ここをクリックし投票願います。
  • にほんブログ村 (私のブログ村 の成績が見える))
無料ブログはココログ

人気ブロ

« 1日デイサービスにいった。BS世界のドキュメンタリー アフター・ヒトラー 前編と後編と最高の組み合わせ ~ユダヤ教徒の結婚事情~を見た。 | トップページ | アスリートの魂「世界で一番強くなる 空手・宮原美穂」と幻解!超常ファイル ~徹底追求!超常映像の正体に迫る!とさだまさしコンサート~がんばれライオン2017~を見た。 »

2017年9月 2日 (土)

BS1スペシャル「なぜ 悲劇は生まれたのか~写真家・船尾修 旧満州の旅~」とBS1スペシャル「ル・マンにかける夢~最高峰レースに集う人々~」とオバマと会った被爆者 72年の記録を見た。

ウェルネスリンク  歩数ランキング:8769位/274543人中 
最近1週間の平均歩数:5,789 歩  目標達成:1/7 日  週間Ex量:10.9 Ex
今日は歩数計1300
家の中を往復20回(7m*2=14m?)*0=0回(14*20*6=2800m?)
歩くときのストップウォッチで速度をはかる。いまの私は健康な人の約6倍もおそい。私が歩くのは右足の筋肉と便秘改善と頭の体操です。往復20回で歩数計は約2000歩数になる。

ハディマッサージャー ハンディバイブ(一般家庭向け電気マッ
歩くと右足の筋肉が強くなったと便秘によいと頭が良い。前はベサージ器)を右手にする。振動刺激で筋肉の緊張をやわらげる。歩くときに悪い右足にできるだけ重心をかけるようにして右足を前に出すときに杖も前に出す。そして悪い右足と杖で大きく良い左足が前に出ていることを目標する。

BS1スペシャル「なぜ 悲劇は生まれたのか~写真家・船尾修 旧満州の旅~」
大分県杵築市在住の写真家・船尾修さん(56)。「戦争という悲劇はなぜ起きたのか」問い続けてきた。今、こだわって撮影しているのが、一時は200万人もの日本人が移住し、敗戦とともに多くの人が犠牲になった「旧満州」。去年2月、初めて訪れた時、当時、日本が建設し、今なお利用されている建物の美しさと威圧感に衝撃を受けたことがきっかけだった。旧満州に日本人の残した痕跡を記録する写真家・船尾修の旅に密着する
旧満州にある日本人が作った建物が戦後72年に、なった今でも存在していることに、驚いた。船尾さんが語る一言一言に重みがあり、考えさせられた。
自分もいつかその地に行って遺構を見てみたいと感じた。
投稿者:マックぱば
戦前、貧しい日本の農村等から、大きな希望を抱いて満州に移り住んだ人たちの痕跡が、彼等の夢が無惨にも敗れ去った今も、各地に残っているのを見て、複雑な気持ちになった。あの戦争は何だったのかと問わずに居れない。
投稿者:福ちゃん
一人の写真家を通して、旧満州時代の痕跡の現状があっさりと描かれているが、いろいろ考えさせる点が多かった。特に番組制作者の主張意図が強調させることない故、かえって視聴者の心に残るドキュメンタリーらしい優れた番組であった。
投稿者:TOM KYOTO
史実と場所の役割、狙いを説明したのは良かったが、放映時間も短く、突っ込み不足、時代が長い年月の間に変わり、住んでいる人も代わり、建物が老朽化してゆく家庭でやむを得ないが、庶民がどのような暮らしをしていたのかもっと知りたかった。
投稿者:たかちゃん

BS1スペシャル「ル・マンにかける夢~最高峰レースに集う人々~」
世界3大自動車レースの1つ、ル・マン24時間レース。ドライバーには高い技量を要求される究極の晴れ舞台、自動車メーカーには次世代技術を模索する最高の実験場だ。そして、今年は日本人にとって注目の年。去年、トヨタが残り3分でエンジンストップし、初優勝を逃した。その雪辱を果たすべく臨んだ一戦なのだ。番組では雪辱戦の舞台裏も含め、多彩な顔をもつル・マン24時間レースの全貌を描く。
BS1スペシャル「ル・マンにかける夢~最高峰レースに集う人々~」~by高間
ル・マンという自動車レースといえば、その名前は誰でも一度くらいは耳にしたことがあるでしょう。「24時間ずっと走り続けるレースだ」ということはご存知の方も多いかと思います。F1モナコ、インディ500(今年は佐藤琢磨選手の優勝で盛り上がりました!)に並ぶ、世界三大自動車レースのひとつです。
6月下旬、夏至の頃に開かれ、去年も今年もトヨタとポルシェの熾烈しれつな戦いが話題になりました。
でも、次のようなことまで知っている人は意外に少数派のはず。
 1つめ、ル・マンに出場するレースカーは4つのカテゴリーに分けられており、それぞれのカテゴリーでは能力がまったく違うこと。
 2つめ、レースの裏方では1000人を越えるボランティアが支えていること。
 3つめ、現在トップカテゴリーに参戦しているのは、たった2社であること。
…続きはBSトピックス SPECIAL COLUMN BS1スペシャル「ル・マンにかける夢~最高峰レースに集う人々~」~by高間
ルマンに関わる幅広い人々の視点や思いに尊敬した。
投稿者:ポップ
主人に録画を頼まれたのにお盆ボケか忘れてたので再放送ヨロシクです。
投稿者:はやこ
ル・マンはチーム、ドライバー、そしてレースを支えるボランティアそれぞれに思い入れがあり、だだ優勝を狙うだけの存在では無い事に気付かされた。それは車の未来であり、車好きの人生、生活の目標なのだ。ライバルがいなくなるトヨタはどうする?来年も6月にル・マンはやってくる。
投稿者:KEN2
大変おもしろく、自動車に対する興味や運転したいという欲求が高まりました。
投稿者:福田昌弘
気づくのが遅く途中から見たのですが、各自動車メーカーがしのぎを削る姿が印象的でした。かける想(おも)いやライバルへの敬意など、スポーツマンシップにあふれ、見ていて気持ちが良かったです。出来れば再放送を希望します!
投稿者:あゆ
村田さん、諦めないで頑張れ!
投稿者:なかさん

オバマと会った被爆者 72年の記録
去年5月、広島で実現した米大統領と被爆者の歴史的な対面。坪井直さん(当時91歳)は「謝罪は求めない」と、オバマ前大統領を笑顔で迎えた。爆心地からおよそ1キロで被爆した坪井さんは、大やけど、放射線障害に苦しみ、就職や結婚での差別にも直面した。アメリカを憎んだこともあったという坪井さんだが、「人類の過ちをともに乗り越えよう」と語りかけた。その笑顔に秘められた思いとはなにか。72年の壮絶な半生を見つめる

« 1日デイサービスにいった。BS世界のドキュメンタリー アフター・ヒトラー 前編と後編と最高の組み合わせ ~ユダヤ教徒の結婚事情~を見た。 | トップページ | アスリートの魂「世界で一番強くなる 空手・宮原美穂」と幻解!超常ファイル ~徹底追求!超常映像の正体に迫る!とさだまさしコンサート~がんばれライオン2017~を見た。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 1日デイサービスにいった。BS世界のドキュメンタリー アフター・ヒトラー 前編と後編と最高の組み合わせ ~ユダヤ教徒の結婚事情~を見た。 | トップページ | アスリートの魂「世界で一番強くなる 空手・宮原美穂」と幻解!超常ファイル ~徹底追求!超常映像の正体に迫る!とさだまさしコンサート~がんばれライオン2017~を見た。 »

最近の記事

最近のコメント

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31