フォト

にほんブログ村

  • 脳卒中おじさんの回想
    https://ameblo.jp/thanamizu
  • ここをクリックし投票願います。
  • にほんブログ村 (私のブログ村 の成績が見える))
無料ブログはココログ

人気ブロ

« プレミアムシネマ「るろうに剣心」<レターボックスサイズ>と死の海からの脱出とBS世界のドキュメンタリー ウォルト・ディズニーを見た。 | トップページ | 1日デイサービスにいった。プレミアムカフェ 夢の聖地へ ウオッチバレー 独創の技をつかめと古代中国 よみがえる英雄伝説「伝説の王・禹~最古の王朝の謎~」と英雄たちの選択「北の大地と民を守れ! 松浦武四郎・北海道の名付け親」を見た。 »

2017年9月18日 (月)

午前 理学療法士がきた。2度目のキューバ~ちょっとディープな海外旅行~「おこづかい3万円で充実旅」とインタビュー・ドキュメント 自伝 なかにし礼~わが恋 わが愛 わが命とBS世界のドキュメンタリー「難民審査官 決断のとき」を見た。

ウェルネスリンク 歩数ランキング:29392位/274717人中 
最近1週間の平均歩数:1,172 歩  目標達成:0/7 日  週間Ex量:0.6 Ex
今日は歩数計935
家の中を往復20回(7m*2=14m?)*0=0回(14*20*6=1680m?)
いまの私は健康な人の約6倍もおそい。

午前 理学療法士がきた。

インテレクトEMSポータブルを右肩の骨(行三角筋前部繊維)をしてと
右足の腰骨と大転子の間にパッドを貼りダイアルを下に回し電源を
入れて目安は3-4程度 20分*2回 
ハディマッサージャー ハンディバイブ(一般家庭向け電気マッ
歩くと右足の筋肉が強くなったと便秘によいと頭が良い。前はベサージ器)を
右手にする。振動刺激で筋肉の緊張をやわらげる。歩くときに悪い右足にできるだけ重心をかけるようにして右足を前に出すときに杖も前に出す。
そして悪い右足と杖で大きく良い左足が前に出ていることを目標する。

2度目のキューバ~ちょっとディープな海外旅行~「おこづかい3万円で充実旅」
カリブ海に位置するキューバへ!首都ハバナは治安もよく、ちょっとディープな旅にぴったり。なんと今回は宿泊費込みで、お小遣い3万円!レトロなクラシックカーが走る旧市街を散策し、激安ストリートフードに舌鼓。美しいサンセットを眺めながら、絶品ロブスターも堪能。地元の人とサルサで盛り上がり、世界遺産の渓谷では絶景を楽しみつつ馬を駆る。どこかノスタルジックで不思議なキューバの魅力を、たっぷり味わう3日間!

インタビュー・ドキュメント 自伝 なかにし礼~わが恋 わが愛 わが命
満州からの過酷な引き揚げ体験が創作の原点というなかにしは、戦争体験を恋愛感情に置き換えることでヒット作を連発してきた。二度のがんを克服した今、人生の思い出の地を訪ねる。ニシン漁で失敗し家を追われた小樽の地や、運命の出会い後作詞家に導いた石原裕次郎、兄の借金で絶望のふちにいたなかにしを救った美空ひばりとの出会いを振り返る。最後に訪れた中国葫蘆島では、絶望の逃避行の終着地で初めて見た海の感動を思い出す
【どんな番組ですか?】
この番組は、この9月2日で79才を迎えた、作家・作詩家なかにし礼が自らの人生を語る自伝番組。中国大陸における過酷な逃避行、ニシン漁の失敗による一家離散。極貧の苦学生時代。
大スター石原裕次郎との出会いから作詞家人生が始まり、大ヒット曲を連発する。その曲には命がけで逃げ惑った戦争体験があった。子どもの頃から憧れだった大歌手美空ひばりとの出会いは、作詞家人生を大きく変える出来事だった。日本を代表する大スター石原裕次郎と美空ひばりの最後となった歌は、ふたりと交流があった人でなければ書けない歌詞になっている。二度目の癌から奇跡的な生還を果たし、6才から1年あまり悲惨な逃避行をした後に体験した歓喜を再び確認するために、引き揚げ船に乗った中国葫蘆島(ころとう)に出かけた。そこで甦ってきたのは、逃避行の中で、加害者となってしまった罪の意識だった。生きるためとは言え、6才の少年さえも加害者にしてしまう冷酷な戦争。彼は自身の戦争体験を掘り起こし、それと向き合いながら、歌を書き、小説を書き続けて来た。その創作活動の源を自伝として語り尽くす。
【この番組を企画したきっかけは?】
二度目のがん闘病から奇跡的な生還を果たした昨年春、新曲のレコーディングに精力的に取り組んでおられるなかにし礼さんを取材した。その曲の歌詞の中に、「命の歓喜も果てがない 十万億土へ行かずとも、今の今が極楽だい!」という言葉があり、こういう詩を書く人の人生に興味を持ったのが始まり。
【番組の見どころは?】
4000曲の歌をつくり、年間1500万枚を売り上げたこともある希代のヒットメーカー、なかにし礼氏がその創作の秘密を明かす。高度成長期、日本中が口ずさんだ流行歌のモチーフになっていたのは6才のときに体験した過酷な戦渦の逃避行だった。ヒット作を大量生産した氏の創作の源をたどっていけば、常に戦争体験があった。甘く切ない女心を歌った歌の歌詞には、過酷な戦争体験があり、失われゆく国への愛と恋心が歌われていた。大ヒットから40年たった今でもその曲は古さを感じさせない。
中でも美空ひばりとの交遊は興味深い。兄の借金を全て肩代わりして支払ったなかにし礼氏。その苦しみの中で遺言のように書いた一編の歌「さくらの唄」。公開するつもりではなかったが、友人達の尽力でレコーディングが実現した。悲しい詩でありながら、微笑みながら、おおらかに、優しく歌ってくれたのは美空ひばり。そして彼女は「なんでこんな良い歌、隠していたのよ?」と言った。誰が歌うというのではない、自然な、正直な死に行く男の気持ちを歌った歌を彼女のために書けなかったことを後悔させる一言だった。
【この番組を取材するなかで新しい発見や、驚いたことはありましたか?】
今まで封印していた、満洲での逃避行の中で体験したことを、帰国から71年目の真実として告白する。
生まれた地、満洲(中国東北部)牡丹江から軍用列車で避難するとき、関東軍の軍人達は開拓民など一般の人々を乗せることを拒否した。汽車に乗って逃げなければ侵攻してくるソ連軍に乱暴されて殺されるか、暴徒化した人々に殺されるか、集団自殺するか、取り残された開拓民たちの運命を知りながら、軍人達は群がる人々を振り切って汽車を出発させた。それでも乗ろうとする人々の手を振りほどいたのは、なかにし礼氏たち、一緒に乗った日本人達だった。

作詩家人生の始まりは石原裕次郎との出会いだった。石原裕次郎邸を訪れて、まき子夫人と石原裕次郎との思い出を語る。裕次郎が大チャンスをくれたがそれは大きな落とし穴でもあった。そのチャンスをどう乗り越えることが出来たのか?彼はずっと封印してきた戦争体験を解くことを決断し、それをモチーフに恋の歌を書いた。それが大ヒットし、一躍ヒットメーカーに!
石原裕次郎の晩年、相談を受けた。「礼ちゃんよぉ、人生の歌を歌いたいんだ」「裕さんのように大成功した人が人生の歌って、My Wayのような歌を歌うのはカッコ悪から止めましょうよ」「いやぁ、そういう歌じゃないんだよ。とにかく人生の歌なんだ」「それなら、大スター石原裕次郎ではない、普通の男、等身大の裕さんの歌を歌いましょうよ」「うん、それで良いよ」という話しで作ったのが「わが人生に悔いなし」。裕次郎が日頃語っていたエピソードを盛り込んで歌詞をつくった。レコーディングは病気療養中にハワイで行われた。リハーサルになかにし夫妻が訪ねると、石原裕次郎は病気を押して夫妻4人でゴルフを楽しんだ。重病なのに、そういう気遣いをしてくれる優しい裕次郎との交遊を語る。
【心に残った言葉は?】
1.「優しさ」や「思いやり」を持ち続けるのは、たいへんなエネルギーが必要なこと。そのエネルギーのいることを今までやってきたつもりだし、これからもやり続けていきたい。
2.歌は99%のテクニック+たったひとつのひらめき、たったひとつの真実、たったひとつの哲学…、何でも良い、たったひとつの有無を言わせぬ何かがないと絶対ヒットしない。
【見てくださる方に一言】
なかにし礼さんの人生は、よくここまで生きてこられたものだ、という不思議がある。6才で何度も死と直面するような戦渦を逃れて日本へ引き揚げてこられたのは、奇跡に近いこと。当時、150万人の日本人が着の身着のまま中国大陸に置き去りにされ、その中で、生き延びて日本に帰って来れたのは105万人ほどだった。なぜ、生き延びられたのか?その不思議を考えて欲しいと思います。
(番組プロデューサー)

BS世界のドキュメンタリー「難民審査官 決断のとき」
400人ちかくの審査官が、年に75万件を超す難民申請の認定作業にあたっているドイツ。「仕事は複雑・困難になるばかり」と、現場の負担は重い。中近東の戦乱や迫害から逃れてきたと語る申請者たち。張り詰めた面談、そして合否の明暗が分かれていく…。

« プレミアムシネマ「るろうに剣心」<レターボックスサイズ>と死の海からの脱出とBS世界のドキュメンタリー ウォルト・ディズニーを見た。 | トップページ | 1日デイサービスにいった。プレミアムカフェ 夢の聖地へ ウオッチバレー 独創の技をつかめと古代中国 よみがえる英雄伝説「伝説の王・禹~最古の王朝の謎~」と英雄たちの選択「北の大地と民を守れ! 松浦武四郎・北海道の名付け親」を見た。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« プレミアムシネマ「るろうに剣心」<レターボックスサイズ>と死の海からの脱出とBS世界のドキュメンタリー ウォルト・ディズニーを見た。 | トップページ | 1日デイサービスにいった。プレミアムカフェ 夢の聖地へ ウオッチバレー 独創の技をつかめと古代中国 よみがえる英雄伝説「伝説の王・禹~最古の王朝の謎~」と英雄たちの選択「北の大地と民を守れ! 松浦武四郎・北海道の名付け親」を見た。 »

最近の記事

最近のコメント

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31