フォト

にほんブログ村

  • 脳卒中おじさんの回想
    https://ameblo.jp/thanamizu
  • ここをクリックし投票願います。
  • にほんブログ村 (私のブログ村 の成績が見える))
無料ブログはココログ

人気ブロ

« 奇跡のレッスン「ハーモニーが生きものに変わる瞬間 合唱(後編)」とアスリートの魂「全員で 心一つに カーリング女子・中部電力」とSWITCHインタビュー 達人達(たち)「柄本佑×山本直樹」を見た。 | トップページ | プロフェッショナル仕事の流儀 列車よ走れ、意地をのせて 豪華列車を作る職人たちとアナザーストーリーズ「激写!スクープ戦争~写真週刊誌・タブーに挑んだ人々~」と2度目のナポリ「おこづかい3万円で充実旅」を見た。 »

2017年9月10日 (日)

1984年公開の「風の谷のナウシカ」から2013年公開の「風立ちぬ」まで、宮崎駿監督と久石譲コンビが手がけた全10作品の音楽を演奏するコンサート。巨大なスクリーンに映し出される映画の名シーンと共に奏でられるオーケストラの迫力の音楽が、フランス・パリの聴衆を感動の渦に巻き込んだ。その模様をたっぷりと紹介する。と地球劇場 第41回 特別編  音の葉紀行~神戸編~ ゲスト 岩崎宏美とワイルドライフ「北大西洋 アゾレス諸島“絶海のオアシス”に命集う」を見た。

ウェルネスリンク  歩数ランキング:22484位/274640人中 
最近1週間の平均歩数:2,387 歩  目標達成:0/7 日  週間Ex量:3.5 Ex
今日は歩数計624
家の中を往復20回(7m*2=14m?)*0=0回(14*20*6=2800m?)
歩くときのストップウォッチで速度をはかる。いまの私は健康な人の約6倍もおそい。私が歩くのは右足の筋肉と便秘改善と頭の体操です。往復20回で歩数計は約2000歩数になる。

ハディマッサージャー ハンディバイブ(一般家庭向け電気マッ
歩くと右足の筋肉が強くなったと便秘によいと頭が良い。前はベサージ器)を右手にする。振動刺激で筋肉の緊張をやわらげる。歩くときに悪い右足にできるだけ重心をかけるようにして右足を前に出すときに杖も前に出す。そして悪い右足と杖で大きく良い左足が前に出ていることを目標する。

ETV特集「青春は戦争の消耗品ではない 映画作家 大林宣彦の遺言」
末期ガンを宣告された映画作家・大林宣彦、79歳。43作目に選んだテーマは“戦争”。華麗でポップな映像世界で知られた大林監督が、なぜ今、戦争を描くのか。そこには軍国少年だった頃の記憶、そして青春を戦場で過ごした父の姿があった。新作「花筐(はながたみ)」のシナリオには、太平洋戦争へ向かう青年たちの葛藤が書き込まれた。「青春が戦争の消耗品だなんてまっぴらだ」。映画人生の集大成に挑む大林監督の1年を追う。
どんな番組ですか?】
大林宣彦監督の43作目「花筐」制作の一年の記録です。この新作『花筐』のメッセージは『戦争』。しかし、華麗でポップな映像世界を作り出す大林映画にあって「戦争」はあえて避けてきたテーマでした。しかし戦争を知っている世代の生き残りとしての責務を果たすため、命がけで「今」に問いかけます。
【番組の見どころは?】
79歳の大林宣彦監督が撮影前日にガンが発見されながらも、映画完成の最後の最後まで、全く妥協せず映画作りに身を捧げる日々に密着しました。この番組は単なる闘病記でも、映画のメイキングありません。巨匠と呼ばれる大林監督であっても、いや、だからこそ、一つの作品にこんなにも命がけになるその姿は誰の胸をも打つのではないでしょうか。
【この番組を取材するなかで新しい発見や、驚いたことはありましたか?】
新作「花筐」は監督40年前の「幻のデビュー作」です。その後、時期を失いながらも決して諦めなかった本作を新たに「戦争」を大きな軸にして加筆しました。しかし、その台本も現場で何度も何度も変えていくのです。その変化の先に生まれた「大林世界」は…とてつもない名作の誕生です!
【心に残った言葉は?】
「僕は戦争反対とは言えない、戦争嫌だとしか言えない。(戦争に)反対する権利もない、それはかつての軍国少年ですから」(大林監督インタビュー)
(番組ディレクター)

地球劇場 第41回 特別編  音の葉紀行~神戸編~ ゲスト 岩崎宏美
  地球は様々な音で溢れています。耳を澄ませばそれは音楽になっていくー。
ツタエビト・谷村新司が日本各地の「音の風景」を訪ねる「音の葉紀行」。
今回は、今年アーティスト活動45周年を迎えた谷村新司が、アマチュア時代を過ごした縁の地、神戸へ。
岩崎宏美さんと共に音を探す旅に出かけます。自身のルーツとも言える場所で、懐かしい人との再会も。
そして、これまでお迎えしたウタビトたちの名曲をもう一度!熱演の数々をたっぷりお届けします。
【夏に聴きたい名曲SP】
♪ロマンス  岩崎宏美
♪海 その愛  加山雄三
♪知床旅情  加藤登紀子
♪精霊流し  さだまさし
♪島人ぬ宝  夏川りみ
♪涙そうそう  森山良子
♪海岸通  イルカ×伊勢正三
♪サライ  谷村新司
【もう一度届けたい名曲】
♪イミテイション・ゴールド  宇崎竜童×谷村新司
♪いい日旅立ち  三浦祐太朗×谷村新司
♪贈る言葉  海援隊
♪天城越え  石川さゆり
♪500 miles  谷村新司

ワイルドライフ「北大西洋 アゾレス諸島“絶海のオアシス”に命集う」
北大西洋に浮かぶポルトガル領アゾレス諸島。島のまわりには、多くの生きものが集結。巨大クジラが躍動し、イルカやマグロが迫力の狩りを見せる。壮大な海の営みに迫る。
北大西洋に浮かぶポルトガル領アゾレス諸島。ヨーロッパ大陸まで1500キロ、絶海の孤島だ。春から秋にかけて、周辺には多くの生きものが集まる。地球最大の動物シロナガスクジラ、さらにジンベエザメやイトマキエイなど巨大魚も続々と現れ、躍動する。魚の大群をイルカが追い込むと、クロマグロがそれに次々と突進、大供宴が続く。なぜこれほどまでに豊かなのか。その秘密を探りながら、アゾレス諸島の壮大な海の営みを描く。

« 奇跡のレッスン「ハーモニーが生きものに変わる瞬間 合唱(後編)」とアスリートの魂「全員で 心一つに カーリング女子・中部電力」とSWITCHインタビュー 達人達(たち)「柄本佑×山本直樹」を見た。 | トップページ | プロフェッショナル仕事の流儀 列車よ走れ、意地をのせて 豪華列車を作る職人たちとアナザーストーリーズ「激写!スクープ戦争~写真週刊誌・タブーに挑んだ人々~」と2度目のナポリ「おこづかい3万円で充実旅」を見た。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 奇跡のレッスン「ハーモニーが生きものに変わる瞬間 合唱(後編)」とアスリートの魂「全員で 心一つに カーリング女子・中部電力」とSWITCHインタビュー 達人達(たち)「柄本佑×山本直樹」を見た。 | トップページ | プロフェッショナル仕事の流儀 列車よ走れ、意地をのせて 豪華列車を作る職人たちとアナザーストーリーズ「激写!スクープ戦争~写真週刊誌・タブーに挑んだ人々~」と2度目のナポリ「おこづかい3万円で充実旅」を見た。 »

最近の記事

最近のコメント

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31