フォト

にほんブログ村

  • 脳卒中おじさんの回想
    https://ameblo.jp/thanamizu
  • ここをクリックし投票願います。
  • にほんブログ村 (私のブログ村 の成績が見える))
無料ブログはココログ

人気ブロ

« 午前 理学療法士がきた。午後 柔道整復師のレジリハデイサービスをした。NHKドキュメンタリー - 名盤ドキュメント 佐野元春“ヴィジターズ”等を見た。 | トップページ | 午後 リハビリと運動のデイサービス(ルネサンス 元氣ジム) にいった。一本の道「“英国の中の異国”を歩く~イギリス・ウェールズ北部~」を見た。 »

2017年6月 6日 (火)

1日デイサービスにいった。NHK プロフェッショナル 仕事の流儀 猫を知れば、世界が変わる 動物写真家・岩合光昭とアナザーストーリーズ「華麗なるご成婚パレード 世紀の生中継・舞台裏の熱戦」を見た。

ウェルネスリンク パソコンサービス 歩数ランキング:1104位/269672人中 
最近1週間の平均歩数:12,798 歩  目標達成:6/7 日  週間Ex量:40.2 Ex
今日は歩数計14,187
家の中を往復20回(7m*2=14m?)*6=120回(14*20*6=2800m?)
歩くときのストップウォッチで速度をはかる。いまの私は健康な人の約6倍もおそい。私が歩くのは右足の筋肉と便秘改善と頭の体操です。往復20回で歩数計は約2000歩数になる。
①18分55秒 ②18分51秒  ③16分02秒④18分51秒⑤21分20秒
⑥19分55秒 ⑦分26秒 ⑧分14秒⑨分14秒 ⑩分12秒
歩数計の1万歩をこえたのが02月27日から、今日で100日目である
2+31+30+31+6=100

NHK プロフェッショナル 仕事の流儀 猫を知れば、世界が変わる 動物写真家・岩合光昭
命のエネルギーがあふれ出る写真はいかにして生まれるのか?「猫とイコールでありたい」と語る岩合光昭に長期密着。ボスニア・ヘルツェゴビナでは予期せぬハプニングのなか、奇跡の瞬間がやってくる。40年に渡るキャリアを、ライオンやパンダなどの貴重な映像でひもとくほか、10月からの朝ドラでヒロインとなる女優・葵わかなが「猫好き」代表として、岩合に「猫を上手に撮るコツ」を教わるコーナーも。猫たっぷりの73分!

ネコに、叱られない
動物写真家、岩合光昭の朝は早い。ネコが活動を始める日の出前が撮影の基本。
取材の初日となった2月、京都の神社には、早朝6時半にやってきていた。
境内には14匹のネコは住み着いており、会うと、名前を呼んで挨拶を交わす。
1年前からこの神社に通い続けており、すでに気心を知る仲間のようだった。
まるで人に話しかけるように1匹1匹に優しく声をかけていった。
岩合には、撮影の際に大事にする“流儀”がある。それが「ネコに、叱られないこと」相手の気分を損ねると、撮影は台なしになる。それがネコだからと侮ってはいけない。
目線を高くして話しかけると、ネコにも伝わる。
同じ目線でネコに優しく話しかけることを心がけていた。

相手と“共振”する
イタリア北西部にある、風光明媚(めいび)な世界遺産の町、チンクエ テッレでネコの撮影をおこなった岩合。BSプレミアムで放送される「岩合光昭の世界ネコ歩き」、その現場に同行をした。
狙っていたのは、“ドン”というオス猫。行動範囲が広く、町のあちこちを動き回る。ドンを撮影することで、さまざまな町の表情も映し出せると考えたのだ。
だが、ドンはなかなか岩合を近寄らせない。警戒心が強く、さすがの岩合でも距離を詰められずにいた。
そうして迎えた、撮影3日目。岩合から「ドンと一人で向き合いたい」と要望され、スタッフは距離を置くことになった。
その3時間後、岩合は、ドンと一緒に、眠っていた。
ドンは岩合と心を打ち解けたかのように、穏やかな表情を見せていた。
岩合によれば、ドンと時間を共有することで、ある感覚が湧き起こるという。岩合なりの表現で言うと、「相手と“共振”する」。
ネコと心持ちが合ってくると、ともに揺れている「共振」の感覚になり、考えや、次の動作までわかってくる。その状態に持ち込めると、最高の一枚が生まれるという。

岩合が教える なるほど!簡単!撮影術
10月からの連続テレビ小説「わろてんか」のヒロインを演じる葵わかな(18)が、ネコ好き代表として岩合の撮影術に迫った!
猫の丸みのあるフォルムをきれいに撮るコツは、「太陽の光をうまく使うこと。特に重要なのが、斜光を生かすことで立体的に見える」。
また、猫に近づくには、猫がこちらを向いていないときに、ゆっくりと、静かに近づくことがオススメ。そして、猫は下から撮ってあげると、顔が丸く写り、愛くるしい表情を撮りやすい。そのほかにも、猫のおもしろい動きを撮るには、しぐさで予想をしたり、その猫のチャームポイントを強調することがよいという。

ネコは、“希望”
ユーゴスラビア紛争の激戦地となったボスニア・ヘルツェゴビナ。世界120か国を巡ってきた岩合だが、初めての国だ。
内戦の悲劇を乗り越えたこの場所を、どう映し出すか、新たな挑戦だった。

撮影を始めて2日目、岩合が朝ごはんのチョコクロワッサンを食べていると、突然、こんな話を切り出した。
「ボスニアではファンタジーを描きたい。内戦の傷ではなく、穏やかなおとぎの国の世界として」
内戦を乗り越えたボスニア、ネコたちの姿をとおして、現実の奥にある、おとぎ話のような“希望”を描きたいと考えた。

だが、挑戦は難航した。ロケの下見では、仲むつまじく遊んでいた、牧場のネコと犬が、撮影本番では、全く遊ばないのだ。再トライをするも、天候が崩れ、残りの時間は少ない。
その時岩合が目の当たりにしたのは、ネコと戯れる、おとなしい性格の別の犬。根気よく岩合が見守る中、ネコが犬に乗って“フミフミ”するという、子猫が親に甘える愛情表現のしぐさを行う。岩合の想像を超える、「奇跡」のような、穏やかなカットが生まれた。ネコを40年撮り続けてきた岩合でも、初めてという、こん身の“希望”の映像だった

NHKBSプレミアム 6月5日(月) 午後6時00分
アナザーストーリーズ「華麗なるご成婚パレード 世紀の生中継・舞台裏の熱戦」

世紀の祝典と呼ばれた、1959年4月10日のご成婚パレード。現在の天皇陛下、当時の皇太子さまと美智子さまがご婚礼の日、ご用邸まで向かわれた豪華けんらんな馬車パレードの一部始終をテレビ各局が生中継。総距離8.8km、50分間の生中継。どう映せば他局に勝てるのか…。57年経った今だから話せる、パレードの裏で繰り広げられた熱きテレビマンたちの中継合戦に迫ります。

1日デイサービスにいった。
朝の会・脳トレ問題・入浴・食事・体操・卓上ホッケー・おやつ・帰りの会
ハディマッサージャー ハンディバイブ(一般家庭向け電気マッ
歩くと右足の筋肉が強くなったと便秘によいと頭が良い。前はベサージ器)を右手にする。振動刺激で筋肉の緊張をやわらげる。歩くときに悪い右足にできるだけ重心をかけるようにして右足を前に出すときに杖も前に出す。
そして悪い右足と杖で大きく良い左足が前に出ていることを目標する。

« 午前 理学療法士がきた。午後 柔道整復師のレジリハデイサービスをした。NHKドキュメンタリー - 名盤ドキュメント 佐野元春“ヴィジターズ”等を見た。 | トップページ | 午後 リハビリと運動のデイサービス(ルネサンス 元氣ジム) にいった。一本の道「“英国の中の異国”を歩く~イギリス・ウェールズ北部~」を見た。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 午前 理学療法士がきた。午後 柔道整復師のレジリハデイサービスをした。NHKドキュメンタリー - 名盤ドキュメント 佐野元春“ヴィジターズ”等を見た。 | トップページ | 午後 リハビリと運動のデイサービス(ルネサンス 元氣ジム) にいった。一本の道「“英国の中の異国”を歩く~イギリス・ウェールズ北部~」を見た。 »

最近の記事

最近のコメント

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31