フォト

にほんブログ村

  • 脳卒中おじさんの回想
    https://ameblo.jp/thanamizu
  • ここをクリックし投票願います。
  • にほんブログ村 (私のブログ村 の成績が見える))
無料ブログはココログ

人気ブロ

« 声をあげて読む | トップページ | 2回目のボツリヌス注射 »

2012年9月20日 (木)

右の片側顔面痙攣

この脳内出血になって右の顔のまひ(片側顔面痙攣)が今もなっている。

私はあまり、気持ちがよくない。

ボツリヌス療法ということもあるが、ウィキペディアでは、効果は概ね3ヶ月程度しか持続しないようである、

ウィキペディアでは神経血管減圧術の手術は後頭下部を開き、顔面神経と脳底血管の接触をスペーサーやテープ等によって防ぐものだが、内耳神経を傷つけることによる聴力低下や最悪の場合死亡のリスクもある。

なにか、よいほうがないかだれかしていますか?

« 声をあげて読む | トップページ | 2回目のボツリヌス注射 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

昨年 家内が長年患わっていた顔面けいれんの手術をしました。埼玉医科大学の先生でこの分野ではゴッドハンドと言われているようです。生命の危険はない病気なので手術の是非は本人の意思次第、成功するかどうかは微妙で数年経たないとわからないということで、本人の意思で手術しました。脳の奥を触るので生命の危険はあるとのこと、治るかどうかはわからない、喉の神経の近くなので声が出なくなる、声が低くなる、嚥下がおこるなどの可能性はあると指摘されました。20日ほどの入院でした。以降、ボツ??の注射はしていません。手術の効果はあったかどうかはまだわかりませんが、本人は手術をしたということでその後の症状は我慢してます。熱いもの、ワサビのような刺激物をとるとせき込みます。後遺症はあります。かならずしも完治できるかどうかは人それぞれのようです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 右の片側顔面痙攣:

« 声をあげて読む | トップページ | 2回目のボツリヌス注射 »

最近の記事

最近のコメント

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31